フリッシェグラン通信

夏バテの予防

今年は少し遅れて梅雨に入り、急に蒸し暑い気候になりました。皆様お元気でしようか。日本の夏は、梅雨明けから極端に蒸し暑くなります。そのため生活リズムが崩れやすくなります。思考力が低下する、食欲がない、何となく体がだるい、胃腸の調子が悪い・・・・など。一つでも思い当たることがあれば、そう「夏ばて」と考えられます。 暑くなると、からだは汗を出すことで、体温の調節をおこないます。皮ふの血管が拡張して血液がからだの表面に集まり、汗を出すのです。しかし、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられます。そのために熱が体内にこもって、疲れやすくなってしまうのです。日本の夏は高温多湿。体力のない人は、乗り切るのがつらい季節といえます。

» 続きを詳しく読む